弊社では、一般土木全般をはじめ、解体工事、基礎工事、外構工事、農地整備など広い分野で請負うことにより廃材を再利用し、近年問題となっている環境保全に努めています。
この取り組みは、循環型のもとになる解体工事において、環境と工事現場近隣に優しい工事を可能にし、あらゆる方面に大きなメリットを生み出します。
コンクリート造の建物(ビルなど)から出る建設副産物(コンクリート塊)を現地にて破砕(再資源化)脂、その場で再利用(盛り土材料、路盤材料)することで、処分に関わる工事車両台数を削減し、新規購入材料の運搬車両台数をも削減しています。同時に、近隣住民へのリスク(迷惑)も軽減でき、時代に応じた対応を可能にします。
総合的に、当社独自の循環型土木システムをご利用いただくことで、幅広い自社の土木現場での再利用をご提案させていただき、お客様(施主、事業主)のリスク(工事金額)を軽減させていただきます。
本郷工業は、循環型社会形成を推進することで、再資源化をテーマにした新しい施工技術のノウハウを研究しつづけています。

鉄筋、コンクリート建て(RC造)の建物解体現場

木造住宅の基礎部分(コンクリート基礎に限る)

アスファルトコンクリート駐車場の表層部分

コンクリート構造物の撤去(水路、擁壁、側溝)工事

掘削及び切り土工事からでる残土(あまった土)

など

再生資材は工事現場内で利用されるほか自社で利用 されます

40mm以下

●土留擁壁、道路側溝
●構造物の基礎砕石
●道路用下層路盤材料
●住宅基礎の基礎砕石

40mm〜80mm

●盛り土材料
●仮設道路材料

40mm単粒

●農地整備暗渠配水管の透水層
●土留擁壁裏込め透水層