メディア掲載情報

MEDIA INFORMATION

2017.4

滋賀県「経営革新」計画承認制度の冊子に計画事例として紹介されました

「経営革新」とは、中小企業等経営強化法では、「新商品の開発や生産、商品の新たな生産の方式の導入等新たな事業活動を行うことにより、経営の相当程度の向上を図ること」と定義されています。
新たな事業活動が、付加価値額(または一人あたりの付加価値額)を一定の割合以上向上させるもの、また経常利益を一定の割合以上向上させるものである場合、新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認を経て様々な支援施策にトライすることができます。追尾式太陽光発電施設付き分譲住宅『ZEL』の開発を計画し、平成28年8月に承認されました。
経営革新計画事例として、滋賀県が配布する同制度案内パンフレットに紹介されました。